薬用デニーロの正しい使い方をまとめてみました。

薬用デニーロまとめ

ニキビケア商品は正しく使わなければ意味がない。

どんなに高い基礎化粧品でも、どんなに有効成分が含まれていたとしても、正しい使い方ができなければ、十分な効果は発揮されません。ここでは薬用デニーロの正しい使い方をお伝えします。

1回の使用量はパール大で十分。

薬用デニーロ

顔の大きさにもよりますが、一般男性の場合は直径1cmくらいのパール大を使いましょう。それ以上薬用デニーロを使っても良いですが、効果はそこまで変わりませんし、逆に毛穴(毛包)のつまりを起こす可能性があるのであまりオススメしません。

優しく、おさえるように。

塗る

薬用デニーロを肌につける時は優しくおさえるように、肌につけてください。こする様に塗ってしまうと肌に摩擦で肌表面に傷がつき、乾燥肌の原因やシミの原因になります。

肌表面は角質層がめくれあがっている状態です。なのでこれを強制的に剥がしてしまうと、角質層が含んでいる水分がどんどん逃げていってしまいます

1ヶ月に1本使い切る。

薬用デニーロは防腐剤が入っていませんので、腐ります。

1ヶ月であれば全く問題なく使用できますが、2ヶ月となると酸化してくるので、肌によくない化粧品になります。

1ヶ月に1回、薬用デニーロは送られてくるのでそれに合わせて使用しましょう。

正しい洗顔も大切。

薬用デニーロを正しく使えたとしても、洗顔がしっかりとできなければニキビ完治は難しいです。正しい洗顔をお伝えします。

水洗顔が最強!?水洗顔で劇的にニキビ改善!

水洗顔

  • 洗顔フォームを使ってゴシゴシ洗っていませんか?
  • しっとりタイプの洗顔フォーム使っていませんか?
  • 「ゴシゴシ」とタオルで拭いてませんか?

男性あるあるですが、この二つをやってしまうのは仕方ないです。

しかし本当にニキビを予防したい、改善したい場合はこの洗顔方法は見直すことが必要です。

水で洗う

水のみで洗いましょう。一度騙されたと思って試してみてください、マジでとんでもないほど劇的に改善します。

私も水洗顔と薬用デニーロのみでニキビを克服したので、ぜひ!やってほしいです。

改善されたのには理由があります。

1.洗顔フォームは保湿成分を洗い流す。

洗顔フォームは界面活性剤が含まれています。界面活性剤は肌の保湿を保っている天然保湿因子角質細胞間脂質を洗い流します。

それにより肌の水分を保持する機能が損なわれ、乾燥します。

乾燥により肌バリアが低くなり毛穴に雑菌やカビが入り込み、ニキビの原因となります。

洗顔フォームを使わなければこのニキビのリスクを回避できます。

2.洗顔フォームは毛穴詰まりの原因になる。

洗顔フォームは油分が含まれています。特に、しっとりタイプの洗顔フォームは油を多く含んでいて洗い上がりがしっとりした感じになる仕組みです。

これにより、顔に油を塗ることになるので、もちろん毛穴は詰まりますよね。

最終的にアクネ菌が誤作動を起こしてしまい、ニキビができるのです。

洗顔フォームを使わなければニキビができにくくなるのは明らかです。

まずは1ヶ月「水洗顔」×「薬用デニーロ」を実施してください。

水洗顔×薬用デニーロが効果が出てくるのは2週間後くらいから徐々に効果が出てきます

遅くとも1ヶ月後には必ず結果は出ます。基本的にニキビサイトでは洗顔フォームもニキビ系のを使いましょう!とオススメするケースが多いですが、私はオススメしません。

なぜなら、そこまでしなくても肌は汚れていないし、水だけで十分汚れは落ちます。

また肌の再生機能やバリア機能は本当に素晴らしく、科学では証明できないパワーをたくさん持っているので、肌本来のパワーを信じて試してみませんか!????

まとめ

  1. 薬用デニーロはパール大を使用する。
  2. 2ヶ月以上使用しない。
  3. 水洗顔×薬用デニーロがオススメ。
前後
薬用デニーロを実際に1ヶ月使ってみたのでレビューします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です