間違ったニキビ情報にはご注意を!正しい情報で正しいニキビ治療をしましょう。

ニキビについて

ニキビは非常に一般的な疾患であり、ほとんど全ての人にニキビの経験があることから、さまざまな俗説や嘘が蔓延していて、その中には間違ったものが多く、今回はそれらについてお伝えしたいと思います。

ニキビは不衛生にしているから増える!だからしっかりと1日何回も洗顔が必要?

ニキビは不衛生だからできるわけでも、皮膚表面の皮脂によってできるわけでもないです。もちろん過剰な皮脂分泌、ほこりによって皮膚が汚く見えるのは問題ですが、例えばスクラブ入りのような洗顔でゴシゴシ洗ってしまうと、皮膚に刺激を与えて皮膚の状態を悪くして、最終的にニキビを悪化させることにもなるので、さけるべきです。最も良い洗顔方法は1日2回、刺激の少ない洗顔料で優しく洗って、タオルで擦らずに拭き取るように水分をとって外用薬などで、ニキビをケアすることが大切です。

ニキビの改善には食生活の改善も必要?

現在までの報告で、食生活とニキビとの関係性はしっかりとは証明されていません。つまり食生活はニキビと関連のないと考えられます。チョコレート、ピザ、フライドポテト、ポテトチップスなどを食べているからといってニキビと関係性はやあと考えられますが、患者さんの中にはそれが原因といいはるひともいるので、その場合は試させることも必要ではあります。ですが適切な治療を行うことで、食生活をかいぜんしなくてもニキビが改善する症例はしばしば存在しています。

ニキビはストレスが関係している?

日常生活におけるストレスが原因でニキビを発症したり、ニキビが悪化することは無いです。ですが医学的な治療を必要とする極めて高いストレスでは、それを直すための薬剤が原因でニキビができたりします。なお、ストレスがあるとニキビを触ったり引っ掻いたりしてしまうのでわその結果炎症を強めたり、ニキビ跡となったりする可能性は大いにあります。

ニキビは病気ではない?だから放置しても勝手に治ります?

たしかにニキビは年齢により、ホルモンの生産の増加や鈍化などによって自然に治るケースがたります。ですがニキビを適切に治療しないと、炎症を伴ってニキビ跡となる場合もありませ。ニキビにおいても正しい治療が大切です。

薬用デニーロを詳しくレビューした記事を見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です