ニキビがどうしても治らないときは水洗顔が効果的?理由は?

ニキビと水洗顔

ニキビができている肌は乾燥していたり、肌バリアが壊れていたりと弱っているケースが大半です。水洗顔は弱っている肌をいたわるために効果的と言われていますが、果たしてそれは本当でしょうか?今回は水洗顔について本を読んでまとめてみました。

結論、ニキビ肌に水洗顔はおすすめ

ニキビ肌の人へ水洗顔をすることをおすすめします。冒頭お伝えした通り、肌は弱っている状態です。そこに自分に合わない化粧品やニキビコスメをつけてしまうと、余計に悪化するのです。なので、水だけしかつけない方法をおすすめします。詳しい理由を知りたい方は読み進めてください。

洗顔料に含まれる油と界面活性剤

「しっとりタイプ」と「さっぱっりタイプ」という分け方で売られている洗顔料がよくあります。私たちのイメージとしてはしっとりタイプの方が保湿をしっかりしてくれて、肌に良さそう…と思いますよね。

ですが、ニキビの肌にとってはしっとりタイプはおすすめしません。しっとりタイプの洗顔料は洗い上がり後にしっとりと感じさせるために、さっぱりタイプよりも多くの油分と界面活性剤を配合しています。

油分が多いしっとりタイプのメリット・デメリット

それではニキビ肌の人がしっとりタイプのメリットはなんでしょうか?それは洗い上がりの肌のツッパリ感がなくなる…くらいしかありません。

デメリットはニキビが悪化、もしくは発症しやすくなります。大まかな理由としては以下があります。

  1. 油分で毛穴が詰まる。
  2. 界面活性剤が天然保湿成分を奪う。
  3. 毛穴の炎症が起こる。

1油分で毛穴が詰まる。

皮脂が毛穴を詰まらせることはみんな知っていますが、洗顔料に含まれている油分も毛穴を詰まらせます。当然ですが詰まらせることでニキビができやすくなりますよね。

2界面活性剤が天然保湿成分を奪う

化粧品に使われる界面活性剤は人的害はないタイプを配合されているケースがほとんどですが、洗浄力が強いため余分な皮脂だけでなく、角質層に含まれている天然保湿成分までも洗い流してしまいます。(=乾燥肌となる)

3毛穴の炎症が起こる。

これは目に見えないケースがほとんどですが、実は炎症しています。これは界面活性剤によって天然保湿成分だけでなく肌バリア機能も損なわれるので、油分や化学物質が毛穴にダイレクトに入り込んで肌が拒絶反応を起こしているのです。

そもそも洗顔をする理由とは?

ここで原点回帰をしてみましょう。「そもそも私たちがなぜ洗顔をしなければいけないのか?」極論は洗顔しなくても死なないので問題ないです。ですが社会に属している限りは清潔感を保っていないとダメですよね。つまり肌を清潔に保つために洗顔を行なっています。

それでは肌を不衛生にする原因とはなんでしょうか?それは主に「ホコリ」と「余分な皮脂」です。この2つを落とすために洗顔をしています。

ホコリ

普段生活していて空気中に漂うハウスダストや排気ガスなどが肌に付着しているので、ここではこれらをまとめてホコリと言っています。一歩も外に出ない休日だったから洗わなくてもいいや!と思いますが、実は部屋の中でもホコリはたくさん付着します。

余分な皮脂

皮脂は時間が経つと酸化し、酸化した皮脂のことを「過酸化脂質」と呼びます。この酸化した皮脂が皮膚を刺激して炎症を起こします。皮脂にも保湿機能はありますが、全体の保湿力のシェアとしては1%ほどしかないため、皮脂は落とす必要があります。

水洗顔で十分落ちる。

余分な皮脂やホコリは水洗顔だけでしたら水だけで落とすことができます。

水洗顔の方法

水洗顔の方法をご紹介します。とてもシンプルなのですぐに始められます。(水洗顔と言っても「ぬるま湯」を使ってください。低温の真水は肌にとって負担となりますのでNGです)

  1. 両手に水をためる。
  2. その水溜りを軽く顔に押し付ける。
  3. 綿のタオルで押し付けるように拭く。

洗顔料を使いたい場合は「純石けん」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です